SSブログ
前の10件 | -

2020年6月18日 第1回新宿区繁華街新型コロナ対策連絡会発足~繁華街の具体的感染症対策のモデルに [まちづくり]

緊急事態宣言解除後、東京都は多業態にわたる休業要請を段階的緩和をすすめ、6月19日には最後までステップ外とされて休業要請対象とされてきたライブハウスや接待を伴う飲食店も含め、一部大型イベントを除き要請は全面解除となります。一方、5月末、歌舞伎町では1軒の老舗ホストクラブでクラスターが発見され、感染拡大に危機感を感じた新宿区は繁華街での感染予防対策強化を検討、新宿区長の吉住健一氏はホストクラブ業界との直接対話を試みました。区長の判断は正解で、区長の一期目当選以前から面識があり今では歌舞伎町商店街振興組合の理事でもある手塚マキ氏(Smappa!GROUP会長)をパイプ役に中堅以上の複数グループが区の歩み寄りを受けで協力に応じることになった。
手塚氏は私の発行する歌舞伎町の公式ガイドブックで"ナイトメイヤー"(夜の市長)と指名してる人物なので、本当のメイヤー(吉住氏)とナイトメイヤーの協働作業、「クラスター発生に伴う世間的な批判は、事実として受け止めるしかない。それに伴うイメージダウンをどうするかと言われるがそれは今回とは別の話かと思ってます。現実的に、これまで何度も行政の方々と勉強会を行い、感染者がでるのはしょうがない、感染者がでたとわかった後に、そこからの濃厚接触者を共有するとか、ということをやっていくことを啓蒙していくしか今はない。それを、どれぐらいの事業者がそういう認識になってくれるか、啓蒙できるのかが本当の感染拡大防止につながると思ってるので、粛々とそこを進めていきたい。」(手塚氏)と言うように、基本はあくまで繁華街の感染症対策の会です。



これをベースに、既得組織である接待飲食業等店舗を所管する新宿社交飲食業連合会(根本二郎会長)、まだ若い組織だがキャバクラ界隈にネットワークの広い日本水商売協会(甲賀香織代表理事)、そして歌舞伎町1丁目の各町会を網羅し事実上の歌舞伎町の民意を担保する歌舞伎町商店街振興組合(片桐基次理事長)が最後に加わって
官民共同による新宿区繁華街新型コロナ対策連絡会を組織、東京都の全面解除を前に6月18日、第1回会合が新宿区役所大会議室にて行われた。啓蒙のために既得組織の応援ももらう、メディアへの取材協力もある意味啓蒙の一環として答える、ということもあって、正式発足となった今回はメディア向けにもリリース、アタマ撮りと囲みは取材可とした。
第1回新宿区繁華街新型コロナ対策連絡会参加者(簡略)
《協同組合》歌舞伎町商店街振興組合、歌舞伎町タウン・マネージメント、新宿社交飲食業連合会、日本水商売協会、新宿酒場同業組合、新宿ゴールデン街商店街振興組合、新宿二丁目振興会ほか各会員店舗
《ホストクラブ》Smappa!Group、グループダンディ、AIR GROUP、冬月グループ、KG-PRODUCE、L's collection
《キャバクラ》蘭〇、FOURTY FIVE(フォーティファイブ)、OVERTURE(オーバーチュア)
《新宿区》区長、副区長、健康部
《東京都》福祉保健局
《事務局》新宿区総合政策部
(※会議室は約80人収容だが、今回「密」を避ける意味で、事業者側の参加者は30名に絞ってます)
会の冒頭、まずは吉住区長から「本来、この歌舞伎町、あるいは新宿エリアというのは明るく活気のある街として、東洋一の繁華街と言われている街です。今はどうしても新型コロナの感染症があるということで客足が遠のいている。安全で安心できる環境を作っていかなければこの街を再生できないと考えている。そうした共通の目的をもって、行政と事業者の皆さんの間の壁を取り払って、皆さんと協力しながら努力をしていきたい。この街の感染をとめる、その最大にして唯一の目標を皆さんと一緒に達成するべく努力をしていきたい。連絡会を通じ、まずはどうやったら感染拡大、あるいは感染予防ができるか、そうしたことの情報共有を図っていきたい。
さらには、感染が確認された場合、その感染者からより広いところに感染を拡大させないための疫学調査というものがあるが、そちらに皆さんの協力をいただき、積極的に検査をしながらそれ以上感染を広げていかない、そういう取り組みを行っていく。いま国のほうでガイドラインが示されましたが、それを個々の事業業態の中で、どういうチェックリストを作ればより実践的な感染防止ができるのかを深めていきたい。この間、検査等で急激に数は増えていますが、それは本当に事業者の皆さんが隠さずに私たちに説明してくださって、その協力の元、数字が上がってきた。その後、今は、入る病院がない、入所する施設がないということで自宅で待機している方はいない状態です。そこも大変協力いただいている。私ども新宿区のマンパワーの足りないところは、東京都からも人手を出してもらい検査もしっかりやりながらこれまでも進めてきたが、よりこの動きを強く推進しながら一日も早く安全な街を取り戻していきたい。」と挨拶、区繁華街における新型コロナウィルス感染症拡大防止の推進で再び賑わう街を取り戻すためには官民が一体が一体となって取り組むことが不可欠であることを説明した。
具体的には、新宿区は、この連絡会を通じて、国・東京都が策定するガイドラインに基づき、区と地元が調整の上、新宿区版ガイドラインを作成するとしているが「予防に関しては、すでにどの店舗もしっかりやってます。お店のサイズの問題であったり、個人のリテラシーの差もあって、一律でガイドラインをどうこうという必要はないと思ってる。」(手塚氏)という考え方が反映されていくのだろう。
接待を伴うクラブ等の従業員に対する検査の受診勧奨をしていくわけだが、現在すでに進行中の、区と事業者との受診に関する協力体制を継続しつつ、東京都の構築するスキームを事業者に対して紹介、安全安心の取り組みを広く周知していくとしている。とくにクラスターが発生した場合は、店舗に対し保健所による相談や受診勧奨などを積極的に対応していくとのこと。「水商売をなさっている方々も、地元の住民の一員です。この街で働いているということは『区民』ということでもあります。私たちは、公衆衛生の面から言えば、まずはそういった方々の健康を守ること、とくに今回は感染症になりますので、仮に罹ってしまった場合、そこから多くの人に広がってしまうという想像力を共有してもらうということを今やっているところです。手塚さんを通じてホストクラブの皆さんと懇談をさせてもらって、私たち行政は犯人捜しをしているのではなく、どうやったら感染拡大を止めることができるのか、その一点にしか興味がない。」と吉住区長。
第一回は、それぞれの施策や状況説明などしつつも、都の福祉保健局や区健康部といった対策を所管する部署との顔合わせにもなっている。官民協働に欠かせない部分信頼であり、個々人同士は都度馬が合う合わないもあるでしょうが、これまでの経験から言ってもお互い顔の見える関係が信頼の第一歩かなと思います。繁華街施策で、過去様々な取り組みが行われてきたが、やはり歩み寄ってははしごを外され、が多かった印象がどうしても事業者側には強く、そうした中で、ホストクラブで働く従業員の健康を気遣う行政側からの歩み寄りが起点になった今施策は、今までなく横断力を期待できるかもしれない。新型コロナの緊急事態宣言前後はやはり感染への警戒感からこうして人が集まることが難しく、また4月アタマの読売新聞の飛ばし記事や小池都知事の発言から、行政は街の敵、と官民の信頼関係も崩れてた気がします。その分、行政や既得組織を飛び越えた個々の活動が活発で、主に補償や融資施策は集団ではなく個々のそういった活動成果だったことも事実です。一方で、クラスターを除けば、実際はたいした数ではないというある程度の安心感がある今だからこそ、こうして高齢な街の顔役の方々も集まり、協議できる状況になったとも言えるかと。
人が集まれば、意見の相違も出てくる。表面だけを見ればクラスターを発生させたのはホストクラブなのだからと、苦境にあえぐ他の事業者から見ると"風評被害"と捉える人もいて不思議はないし、ある意味事実でもある。
また既得組織にもそれぞれ思惑もある(ここではあえてそこは書かないが)実質的な感染症対策を進めるためには、様々な声に理解を示しながら行政の姿勢を示し、幅のある施策を加味しつつ啓蒙をするのは必要だろう。
様々な業態、属性の人たちが混在する歌舞伎町、あるいは新宿全体の課題に違いない新型コロナ感染症問題を解決していく礎になっていけばいいかなと。区長から「今のところ、ホストクラブの業界にはお世話になって、かなり疫学調査がすすめられています。男同士話しやすかったというのもありまして、何回か意見交換会をもち、お互い理解をしながら進めているのですが、どちらかというと、女性の従業員の方々の疫学調査というところが糸口がつかめていない。私たちが現在把握している感染者件数も多いわけではないが、どうしても一人でたとしてその先がきちんと追えてるかというと、手がかりをつかみかねてる。そうしたことを、これから力を貸していただけたらありがたい。」と発言があった。会には、キャバクラを代表する形で蘭〇やフォーティファイブ、そして元有名キャバ嬢で今はそのフォーティファイブのプロデューサーとなってる愛沢えみりさん、キャストの一条響さん、藤沢せなさん、オーバーチュアの天乃えまさんも参加。起点になってくれるのではないかなと思います。
「せっかくガイドラインだとかチェックリストを作ったとしても、それをみんなに拡げていくことができなければ、ある意味この連絡会の役割が果たせたことにはなっていかないのかなとも思っています。どういう風にキャンペーンをするか、どうお知らせ守っていただく取り組みができるのか、今後も継続的にやっていく会でもあるので、皆さんの方で、うちの業界だったらこういうふうにやればちゃんと浸透するよとか、私たちの業界はお店単位でやるよりは個々のラインのほうがいいとか、それぞれの業界によって特性があって、それぞれの伝達方法は違うのかなという風な思いも持ってます。いろんなアイディアを連絡会を通じて共有していただき、とにかく、感染者を見つけたら、そこから拡げないようにすることが、歌舞伎町、あるいは新宿エリア全体が、これからも安全で安心だと思ってもらえる状態になる。今後、こういった大きな会をやるのか、各業界の代表の方にお越しいただいてご意見を頂戴するのか、やり方は、今のところ縦のつながりではなく緩やかな横のつながりとして考えています。
皆さんの意見をいただきながらやれることを着手していければと思ってます。」と、会の〆の吉住区長コメントでした。
****************************************
連絡会の正式発足を前に連日準備会も行わてきたが、同時に並行して、マスコミを騒がせているとおり歌舞伎町では6月に入り2軒のホストクラブでのクラスターが発見された。この2軒は当初各1名の陽性者(症状あり⇒PCR検査を経て)が発覚、すでに動き始めていた連絡会の準備会から協力要請に応えていたお店故の結果だが、全従業員を『濃厚接触者』とする拡大解釈による疫学調査の結果、クラスターを見つけることにつながった。
公式に公表されているいないので、あくまで独自の情報だが、2店舗76名の従業員にPCR検査を実施、38名の陽性者を確認(陽性率50%)、うち9割以上が無症状、という結果でした。ヒアリングによると、アフターで数名のホスト従業員がミックスバーを訪れ、ここで感染、店に持ち帰り店内で拡散しクラスター化したのではないかと推察されている。6月以降、繁華街の活動は活発化しつつあり、比較的ガバナンスのあるホストクラブ業界だっただけに発見できたとも言えるが、自主的に考えた対策ガイドラインに沿った感染対策をしていたにも拘わらず、やはり換気の悪い屋内ではクラスター化したこと、そのウィルスは業態に関わらずある程度広い面積に点々とサーキュレーションしているだろうところから運ばれたことなどから、感染対策は重要な局面が常に同時進行していたと言える。
市中にウィルスが点々と存在していても発見は難しいが、繁華街の構造や密集度は培養装置的というか、いわば天然のPCR検査装置の役割を果たすために、トレーサビリティが効いていればウィルスがこうして見えやすい。
言い換えると、繁華街にウィルスがなければ市中は除去されてるとも言えるし、一方で、培養されるウィルスをそこから拡散させない使命が繁華街にはあるともいえる。「今のところ、歌舞伎町では皆さん若いからか、1人も重傷者は出ていない」(新宿区健康部長)ということだが、街中の陽性者を発見次第、なるべく広く検査し、さらに見つかった陽性者を隔離することで人が集まる繁華街からの感染拡大を防ぐ、そのための手法、モデルとして歌舞伎町につくられた"新宿区繁華街新型コロナ対策連絡会"。イメージ云々がどうあれやはり否応なしに徐々に来街者も増えるだろう中、繁華街の感染症対策にどういう意味がありどういう手法が正しいのかを見つけていくうえで重要な役割を果たすことになりそうだ。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

令和二年(2020年)歌舞伎町商店街振興組合新年の集いを開催しました。 [事務局]


2020年1月9日、京王プラザホテルにおいて、歌舞伎町商店街振興組合の新年会が開催されました。組合員、ならびに関係各行政機関、近隣商店街振興組合の各理事長、また事業者などあわせて約200名近くの方々が集まりました。
主催者/片桐基次理事長挨拶より
「本年は、皆さん、待ちに待った、オリンピック・パラリンピックが7月に開催されます。大勢のお客様が、新宿、そして歌舞伎町に来ていただく、またインバウンドのお客様も今までなかったような、外国の方々が沢山お見えになる、という風に思ってます。新宿の街にとっては、大変ありがたいことでございます。
その中で、歌舞伎町としても、歌舞伎町コンシェルジュ委員会というのがありまして、今年ガイドブックを新たに発刊しまして、外国の皆様をはじめ歌舞伎町を訪れてくれる方々に、それを見ていただいて、ぼったくりとか、そういう嫌なことがないようにしていただけたらと、これは企業の方々にも応援していただいており、4月にはガイドブックができあがると思っております。
歌舞伎町の外に目を向ければ、JR新宿駅の東口と西口を結ぶ東西自由通路が、オリンピック前に開通するというお話をいただきました。東西自由通路の交流というのは、街にとって有意義なものになると信じているところです。
それと同時期に、JR新宿駅の東口広場は、交番がありますけれど、その前に車道が走っていまして、その車道をなくして歩道にして、歩きやすい広場にしようということで、これもオリンピック前にできあがるというお話をうかがってます。そういう中で、歌舞伎町にとって、また、新宿にとっても、大勢のお客様が安心して、安全に、楽しんでいただける、街としては、楽しい街をどうやって構築するかということで、振興組合の中では、幹部の皆様、また、若手の皆様が一生懸命頑張っていただいてます。また、2022年には、ミラノ座の跡地で、東急が48階建てのホテルとエンターテイメントの巨大なビルをつくっていただくということで、これは歌舞伎町だけでなく、新宿にとっても、大きなものになると思われます。この計画にあわせて、西武駅前の道路もきれいな形で改修され、新宿駅周辺と大久保側を結ぶ幹線道路になると思います。大久保、百人町は、韓国やアジア各国のお店が出店し、賑わっていますが、その方たちとも一体となって頑張っていきたい。2022年の東急の計画には、皆さん期待していただだければと思います。」


令和二年、歌舞伎町商店街振興組合新年の集いの一コマ。歌舞伎町名物ホストクラブ"シャンパンタワー&コール"。新宿駅周辺各商店街理事長らも一緒にコール。
本年もよろしくお願いいたします。
歌舞伎町商店街振興組合事務局

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

令和元年12月20 三浦警視総監が歌舞伎町を巡視 ー 年末年始の特別一斉警戒を発令 [まちづくり]


三浦正充警視総監は新宿署にて状況報告を受けたあと、17時10分ごろに歌舞伎町に到着、歌舞伎町交番勤務員を激励、17時20分ごろ交番を出発、上條隆利新宿警察署長の案内で、歌舞伎町商店街振興組合、歌舞伎町2丁目町会、新宿防犯協会ら地元のボランティアとともに警察官を合わせて約70名が、15分ほどかけ、歌舞伎町でも最も来街者でに賑わうシネシティ広場から劇場通り一番街、ゴジラロード付近の巡視を行いました。

巡視後、三浦警視総監コメント:
「年末年始特別警戒中のところ、本日、一斉警戒を発令し、日本を代表する繁華街である新宿・歌舞伎町の交番勤務員を激励し、地域の防犯ボランティア団体等の皆様と、管内を巡視しました。
年末年始は、特有の慌ただしさ等を背景にして、金融機関、コンビニエンスストアを狙った強盗やひたくりなどの犯罪のほか、重大交通事故の発生が懸念されます。
警視庁では、官民連携による、防犯活動をすすめるとともに、制服警察官やパトカーによる見せる警戒活動を行うなど、街頭警察活動を強化し、各種犯罪の抑止および検挙につとめ、首都東京の安全、安心の確保に全力を尽くしてまいります。」
毎年"恒例"と言ってはなんですが、歌舞伎町の年末の"風物詩"とも言える警視総監の歌舞伎町視察です。こうした制服警察官による"見える"警察活動が、繁華街の来街者に一定の緊張感が伝わればいいかと思います。
歌舞伎町では客引きの苦情が多く、とくに2020東京オリンピック・パラリンピックを控え、増加する外国人観光客らの被害が懸念されます。新宿警察署は防犯モニターで現場を監視、違法な客引き等を発見したらスピーカーで警告する取り組みも始めました。
警視庁は、とくに犯罪の増加傾向のある年末・年始対策として、この日、三浦警視総監を長とする特別警戒本部を設置、年明けの1月3日にかけ、のべ16万6千人の警察官を動員するとのことです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

ハイジアアトリウムに巨大なクリスマスバナーが掲出されています。- 12月13日 ハイジアクリスマス2019 巨大クリスマスバナーデザインコンテスト授賞式より [事務局]


東京都健康プラザ・ハイジアのアトリウムに、恒例の巨大クリスマスバナーが掲出されました。

12月13日(金)、今年の応募から選抜された作品が授賞式が行われました。毎年クリスマス前の今時季恒例となったイベントで、新宿区近隣のデザイン・アート系の学校から公募によって集められ、最優秀に選ばれた作品がこの巨大なバナーになります。今年が13回目の開催となりました。
第13回目となった今年の公募テーマは「躍動する新宿」。集まった作品は240にのぼったそうです。審査員はタナカノリユキ氏(アーティスト)、長谷川祐子氏(東京都現代美術館参事)、吉住健一氏(新宿区長)、そしてハイジアの代表取締役の千田文彦氏、歌舞伎町商店街振興組合からは城克氏、以上5名。





最優秀賞は、東京情報クリエイター工学院専門学校の後藤美花さんでした。

作品コンセプトは「世界一利用客の多い駅として知られている新宿は24時間、常に躍動する人々の中心にいると考えました。老若男女、国外からも様々な人が新宿からそれぞれ行くべき場所へ向かっている様子を表してみました。」(後藤美花さん)

審査委員長のタナカ氏からは「今年は全体的にテーマに沿った、大胆さ、個性的な作品が多く見られました。そんな中でグランプル作品は、平面性と立体性、線と面、明と暗、直線と曲線など、対比、構成、バランスが絶妙で素晴らしいものに仕上がっていると思います。」とコメント。


ちなみにこのバナー、サイズは横は7m、縦は23mもあります。

これだけの大きな制作物をつくる機会は、学生さんたちにしてもこれからそうそうないでしょうね。いい記念になったのでは。そしてハイジア。東京都の外郭、という部分もありますが、なかなか一般の民間企業にはできない、こうした取り組みを長年継続されてやていることに感謝です。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

12月14日(土)「歌舞伎町X'masスケートリンク」オープニングに安藤美姫さんが来てくれました。【開催期間は12月25日まで】 [まちづくり]



樹脂製パネルで作られた約200平米のスケートリンクが歌舞伎町シネシティ広場に出現しました。とはいえ、ここ(シネシティ広場)は法的には道路です。道路にスケートリンクが出現したわけですからそれはそれでヤルナ!って感じもします。主催は歌舞伎町商店街振興組合、となってますが、企画は株式会社東急レクリエーションからの持ち込みです。後述しますが資金は商店街や区の歌舞伎町TMOを含む近隣事業者の皆さんの協賛で賄われています。東急レクリエーションと東急電鉄は、シネシティ広場の西面、旧ミラノ座(グリーンプラザも含む)跡地に、2022年竣工を目指してホテルや劇場、ライブホールを基幹とした高さ225m48階だての高層複合施設を開発中(歌舞伎町一丁目地区開発計画)です。そのミラノ座の創業期の昭和32年12月より、建物の上半分が東京スケートリンクでした。早稲田のアイスホッケー部が拠点にしてたりとか、昭和42年に閉鎖(のちにミラノボウルに変わる)されるまで、歌舞伎町の基幹施設として、近隣では貸し靴やで生計を立てた方々が結構いたそうです。


そういう意味では、52年ぶりに歌舞伎町に"スケートリンク復活"とも言えるかもしれません。こうして歌舞伎町を盛り上げようとするのも、2022年竣工予定の新しいビルの価値を高める施策の一環でもあるだろうし、竣工後に運営主体となる東急レクリエーションとしては、シネシティ広場も含めての総合的な歌舞伎町中心地区の活用実験ともいえるかもしれません。


さて、12月14日(土)に、シネシティ広場に設営された"歌舞伎町X'masスケートリンク"のオープニングには、プロフィギュアスケーターの安藤美姫さんがスペシャルゲストとして登壇されました。そのほか、歌舞伎町の住人でもある吉本興業の協力でお笑いタレントの方たちが盛り上げてくれました。登壇されたのは、キクチウソツカナイ(司会)さん、しまぞうZ(キャベツ確認中)さん、石川ことみさん、太田(いぬ)さん。



司会とお笑いの方たちが舞台を温めたあと、サンタマント姿の安藤美姫さんがスケート靴を履いて登場、約30分のトークとフォトセッションでした。樹脂製のリンクは、蹴ってもツーーという感じで滑らないので、最初は滑りにくそうでしたが、「氷だとツルンといっちゃうところ、樹脂だとすべらない分、初めての方にはすごく安全なので、歌舞伎町のど真ん中に、例えば(本物の)リンクに行く前に体験したいなあという方にはすごいオススメです」と安藤さん。歌舞伎町にはたまに「ここら辺にいます。」だそうです。東伏見にリンクがあるので、ショーの時は新宿プリンスホテルに宿泊してて、広場の目の前のコパボウルにも行ったことがあるとか。「歌舞伎町は海外の方も多いので、ここは国際的な交流の場にもなるのかも。」と観光地化している歌舞伎町の景色を見ながら言ってました。記者の質問で今年一番のトピックはと聞かれて安藤さんは「今年一番の印象に残ったリンクはここかも。不思議空間というか、ネオンに囲まれて滑るというのは、オモシロイ空間だなと思いました。」最後に海外からの来街されてる方たちに向け「今夜でも明日でも、ぜひ友達と一緒にここでスケートを楽しんでくださいね。」を英語でメッセージをくれました。



「歌舞伎町X'masスケートリンク」開催期間は限定で、12月14日より25日まで
営業時間:土日12:00~21:00 平日15:00~21:00(※12/23~25は12時より営業)
会場:歌舞伎町シネシティ広場(新宿区歌舞伎町1丁目19)
入場料:無料
※貸靴代 大人(中学生以上)900円(税込)/子供(小学生以下)700円(税込)
※5本指手袋、靴下必須※手袋200円(税込)、靴下200円(税込)で販売
※小学生以下はヘルメットとプロテクター着用(貸出無料)大人向けニット帽も300円(税込)で販売
主催:歌舞伎町商店街振興組合、歌舞伎町タウン・マネージメント
後援:新宿区
特別協賛:アパホテル株式会社、株式会社TSTエンタテイメント、東亜興行株式会社、東急株式会社、株式会社東急レクリエーション、東宝株式会社、株式会社ヒューマックス
協賛:株式会社AFP、株式会社久米設計、清水建設株式会社、新宿興産、新宿サブナード株式会社、株式会社スペーストラスト、株式会社セガエンタテインメント、花園街商業協同組合、ホテルグレイスリー新宿、株式会社モンテローザ、WARP SHINJUKU
協力:株式会社東急エージェンシー、株式会社東京ピストル 、株式会社ユニカ/YUNIKA VISION

#歌舞伎町スケート #Kabukicho_skate

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

11月20日 警視庁盛り場一斉対策 - 斉藤実副総監、新宿駅周辺地域の町会・商店街約140名とともに合同パトロールを実施 [事務局]


来年、2020東京オリンピック・パラリンピック開催を控え、11月20日の夜、警視庁は都内繁華街各所において悪質な客引きを減らそうと、盛り場一斉合同パトロールを行いました。

歌舞伎町では、斉藤実副総監とともに、新宿警察署の上條署長、新宿区からは寺田副区長、そして歌舞伎町を含む新宿駅周辺地域の町会・商店街ら約140名が合同でパトロールに参加しました。
斉藤実副総監からは「いよいよ東京オリンピックまで残すところ247日となりました。来年は、オリンピックの観戦に、国内外から数百万人におよぶ観戦客が東京を訪れ、そして、中でも外国人に人気の歌舞伎町には、大変大勢のお客さんが遊びに来ることと思います。そうした方々に、安全で安心して楽しんでいただけるよう、私ども警視庁は、上條(隆利)署長率いる新宿警察署をはじめ、全力をあげて取り組んでまいります。」と挨拶がありました。

公務で欠席した吉住健一区長の代理で出席した寺田好孝副区長は「安全安心に不安を抱える街には人も集まらず、将来の発展も望めません。2020開催の東京オロンピック・パラリンピックを控え、安全で安心な繁華街を実現するために、区、警察、そして本日お集りの皆様方と一丸となって、オール新宿での取り組みを推進していきたく考えております。」と述べた。

悪質な違反者に対する取り締まりは、客引き禁止条例違反による科料が、今年度は昨年の7件を上回る11件に及ぶなど、新宿区も客引き対策に対して積極的な活動をしている。これまで客引きの取り締まりは、通常、迷惑防止条例や風営法違反だが、先だっては新宿警察署は偽計業務妨害罪を適用による逮捕も行った。
盛り場一斉合同パトロール(警視庁生活安全部)
参加団体:新宿駅周辺の安全安心を実現する会、新宿防犯協会、町会・商店街/歌舞伎町二丁目町会、歌舞伎町商店街振興組合、新宿大通商店街振興組合、新宿駅前商店街振興組合、西新宿商興会、西新宿一丁目町会・西新宿一丁目商店街振興組合、新宿東口商店街振興組合、新宿区安全安心パトロール隊(約140名)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

2019.11.6 『ターミネーター:ニュー・フェイト』ジャパンプレミア/歌舞伎町ゴジラロード [まちづくり]


【歌舞伎町公式アーカイブ】2019.11.6 『ターミネーター:ニュー・フェイト』ジャパンプレミア/歌舞伎町ゴジラロード 19m08s

11月8日より全国公開となる映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』のジャパンプレミア・レッドカーペットイベントが、歌舞伎町ゴジラロードで行われました。

イベントアタマには、歌舞伎町商店街振興組合理事長・片桐基次氏が集まったファンに向けて挨拶、『エンターティンメントの街・歌舞伎町』をアピールしました。


ダダンダダン!!・・和太鼓演奏による圧巻のテーマ曲が迎える中、T-800役のアーノルド・シュワルツェネッガー氏をはじめ、今シリーズ28年ぶりの復帰となったサラ・コナー役のリンダ・ハミルトンさん、新キャラの強化人間・グレース役、マッケンジー・デイヴィスさん、最新型のターミネーター・REV-9を演じたガブリエル・ルナさん、人類の命運を握る少女・ダニー・ラモス役のナタリア・レイエスさん、そして監督のティム・ミラー氏がレッドカーペットが登壇しました。





【来日ゲストコメント】


アーノルド・シュワルツェネッガー Arnold Schwarzenegger character/ T-800

「東京の皆さん、今夜ここにくることができて、大変うれしく思っています。前回来日した時に、"I'll be back! "と約束しましたのでまた戻ってきました。本当に、私は日本のファンの皆さんを愛しています。私の作品をすべてご覧になって応援してくださいましてありがとうございます。戻ってきて来れてうれしいです。映画というのはファンの皆さんの存在なしでは成り立ちません。ですからファンの皆さんが一番大切なのです。本当にありがとうございます。そして今回、このように素晴らしいキャストの皆さん、ティム・ミラー監督と集まることができてうれしく思います。私たち全員がこの作品を愛しているように、皆さんにもこの作品を愛していただきたいと思います。」


リンダ・ハミルトン Linda Hamilton character/ サラ・コナー

「皆さん、こんにちわ。ほんとにわたし、日本に来れてとても幸せに思っています。ハリウッド以上に素晴らしくて、ここにいるのがシュールにさえ感じます。私たち、毎日すごく頑張ってこの映画を作ったわけですけど、お互いなくしてはこの映画はできなかった、と思っています。ものすごい愛が、この映画に込められています。そして、その愛を、皆さんスクリーンで感じ取っていただけたらと思います。

アクションもいっぱいあります。コメディもいっぱいあります。それ以外にも、感情もたくさんあります。力強さもありますし、そしてここに私の周りにいる素晴らしいタレントさんたち、ものすごい才能のある皆さんと一緒にほんとに頑張ってこの映画を作りました。お互いに高めあって、毎日頑張りました。このステージにいる誰一人欠けてもこの映画はできなかったと思います。そして最後に、アイ・ラブ・ユー、JAPAN。」



マッケンジー・デイヴィス Mackenzie Davis character/ グレース

「みんさんこんにちわ。こうやっておうかがいできて、本当にうれしく思っています。というのは、日本に以前から大変行ってみたい国だと思っていたからです。やっと来ることができました。そして、来ただけではなく、この作品、この方々とともに来日できたことを、大変感謝しています。

この作品に関われたことは、本当に、私の人生で最高に光栄だった作品の一つでもあります。素晴らしいティム・ミラー監督に率いられ、特別な作品を作れたと自分たちで思っています。この作品は、わくわくできますし、爆発的な魅力もあって、そして美しく、皆さんにも早く見て頂たいです。」



ガブリエル・ルナ Gabriel Luna character/ REV-9

「皆さんこんにちわ。まず、マッケンジーが今言ったように、自分も、日本に来るというのが自分の夢で、行きたい場所のリストのトップに東京、そして日本がありました。来日しての感想なんですが、想像以上の素晴らしい体験をさせていただいてます。

ファンの方々が大変熱くて、感動しました。コスプレしてくださっている方々も最高で、ビル・パクストンの恰好をして来てくださっている方がいて、テキサス出身の私の同郷の身としては、大変うれしいです。ありがとう。

皆さんを、とても愛しています。この作品をぜひ楽しんでいただきたいですし、きっと楽しいから、大きなポップコーンを買って観ていただきたいです。よろしくお願いいたします。」



ナタリア・レイエス Natalia Reyes character/ ダニー・ラモス

「こんにちは日本! Japon!ほんとうに、日本に来られて、ここに立つことができて、とっても嬉しいです。

この今の瞬間、私の記憶に永遠に残ると思います。そのように心を満たしてくれて、皆さんありがとうございます。そして、皆さんには、ミッションがあります。私たちが心を込めて作ったこの映画、11月8日、金曜日、皆さん、お友達、家族、みんな連れて、いろんな人に観てほしいので、皆さんがそういう人たちを連れてきてくださるのがミッションです。是非連れてきてください。映画を楽しんでください。私たち、愛をこめて作りました。」



監督 ティム・ミラー Tim Miller

「ハロー、トウキョウ!ほんとにわたしは、日本に来れて、とっても嬉しく思います。世界中をまわってきましたが、これが最高のプレミアです!

ターミネーターというフランチャイズの、真のファンが日本にはいると思うんです。今回、私は2度目の来日なんですけど、東京を歩き回っていると、まさに、未来都市という感じがします。大好きです。

ターミネーターファンがいっぱいいるというのは、やっぱり、SFが大好きなんじゃないかと思うんです。私は、日本文化が大好きで、アニメとか漫画、いろんな日本のアートの本をいっぱい本棚に並べているんです。ですから、この映画は、日本の文化からかなりの影響を受けています。この映画を観てもらって、また皆さんに影響を与えられればと思います。この映画が大好きになってください。ありがとうございます。」




『T2』の正統な続編にして、新たなる伝説。

― 時代は変わった。運命はどうだ。

ジェームス・キャメロン制作復帰。アーノルド・シュワルツェネッガー×リンダ・ハミルトン

ターミネーターニューフェイト.jpg

『ターミネーター:ニュー・フェイト』
Terminator: Dark Fate 11.8 FRI 全国ロードショー
原題:Terminator: Dark Fate/2019年製作/カラー作品/シネマスコープ
IMAX/DOLBY CINEMA/4DX/MX4D/2Dデジタル字幕版・吹替版
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
上映時間:2時間09分
[コピーライト]2019 Skydance Production,LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

令和元年 9月22日 新宿・熊野神社例大祭より 【歌舞伎町睦神輿渡御】 [まちづくり]

9月22日(日)、令和最初の新宿・熊野神社例大祭神輿渡御。

台風の接近で荒天の中の渡御かと心配されましたが、幸運にも渡御最後までほぼ雨降らず。これもたくさんの晴れオトコ?いや晴れオンナたちが集まってくれたからでしょうか。
新宿・熊野神社例大祭は3年ごとに本社神輿渡御が行われる表年と、それぞれ各村ごとに町神輿渡御を行う裏年が2年のサイクルで開催されます。今回は裏です。裏の年は、各睦の役員たちが企画を練って連合渡御などを行います。今年は新宿東口の3睦連合渡御が行われました。また、近年恒例となってきた人気の『女神輿』も行われました。歌舞伎町睦の女神輿は大阪家の柴本亜理砂が務めたほか、歌舞伎町に戻ってのゴジラロードでの女神輿渡御では、麦の音の綾子がはじめて渡御長を務めました。全体の渡御長はすずやの杉山文野が務めてます。

◎十二社熊野神社の神輿の担ぎ方は、伝統の千鳥担ぎ 伝統美、文化の継承の大切さ、難しさ―「千鳥担ぎ」 この担ぎ方は熊野神社の他に新宿区須賀町の須賀神社の「四谷担ぎ」と並んでとても希少な担ぎ方。
リズムとりに鉦(チャンチキ)を使っているのも特徴があります。千鳥足…というと酔っ払い歩きがその代表でふらふら…というイメージですが この千鳥担ぎは、それとは違い、小刻みに足踏みし、ちょこちょこ摺り足で進む感じ。
お神輿の先棒・花棒(はなぼう・担ぎ棒の先端)を肩で担ぐのではなく、首の後ろをつけ(現在の主流の担ぎ方)、腰を突き出し脚をぴんと張って千鳥足で進むところもこのお神輿の珍しい特徴です。 但し昔から千鳥担ぎをよく知っている方は、やはり肩で担ぎ、担いだ肩の方の腕はしっかり棒を押さえ空いている腕は頭の後ろから回し上から棒を押さえます。掛け声も、江戸前担ぎの「そいや そーれ」と違い、「おいさぁ ちょいさぁ」「こりゃさぁ こりゃこりゃ」等、この珍しいが故に難しい担ぎ方をしたくて、お神輿好きが各地から集まってきます。
貸し半纏が480着でてたので、持ち半纏も含め全体で600名近くが担ぎ手として参加してくれました。また、トランスジェンダーの文野が渡御長というのもそうだし、華やかな女神輿、途中、担ぎ手全員Smappa!groupによる"ホスト"という、いわばイケメン神輿とか、歌舞伎町らしいダイバーシティで華やかな渡御になったかと思います。今後も『開かれた』歌舞伎町睦としてより一層広がっていけばいいかと思います。
令和元年、新宿・熊野神社例大祭を無事執り行えました。
たくさん集まってくれた担ぎ手の皆さん、そして何より、祭りに参加されないまでも見守ってくれた町内の皆さん、来街者の皆さん、ありがとうございました。
開催日  9月22日(日)
神酒所  歌舞伎町弁天堂公園
     開催時間 12:00~19:00
歌舞伎町睦 町内神輿渡御スケジュール
12:00   担ぎ手集合
12:30   出発式典・宮出し
13:00   シネシティ広場到着(休憩)
14:15   薮花軒到着(休憩)
14:45   アルタ前(三連合へ)
15:15   ビックロ前~アルタ前 女神輿
16:30   シネシティ広場到着(休憩)
17:15   JAビル到着(休憩)
17:50   セントラルロード 女神輿
19:00   宮入り
September 22th 2019
Shinjuku Juniso Kumano Shrine Grand Festival
?The old Tsunohazu district is quite large, covering Shinjuku Station's west side to east side and Kabukicho.
It is a parish of Shinjuku Juniso Kumano Shrine. Kabukicho also belongs to this shrine.
?Juniso Kumano Shrine's portable shrines carried in the traditional zigzag style.
The handheld bell used for the rhythm is one feature of the festival. “ Chidori-Katsugi”it is zig-zag style of carrying the portable shrine makes them look drunk while walking. However, they use small steps to shuffle along. The people carrying the front of the portable shrine carry the poles on the backs of their heads, instead of on their shoulders. They stick out their hips and keep their legs stretched out as they walk zigzag. This is an unusual and difficult way of carrying a portable shrine. They also shout, "Oisa, choisa!" Such unusual things about the festival attract many people from all over to help carry the portable shrines.
?Yang year every three years, and Yin years in-between
Every three years, when Juniso Kumano Shrine's Grand Festival falls on a Yang year (next one will be in 2018), two large, 1.5-ton Honja Mikoshi( portable shrine) are carried near Shinjuku Station. They are carried in all of the neighborhoods. In Yin years, each neighborhood carries their own Mikoshi in their neighborhood. A few Mikoshi are also carried in front of Shinjuku Station jointly by some of the neighborhoods and a few are carried along Shinjuku-dori road.
During the Kumano Shrine Grand Festival, Hotel Gracery offers lodging guests the option to carry a Mikoshi. For details, see the hotel concierge.
撮: 寺谷公一 中村義昭 中島大渡

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

歌舞伎町に新しい「おまつり」の誕生-令和元年8月10日"第1回歌舞伎町 BON ODORI"が開催 [まちづくり]


【歌舞伎町公式アーカイブ】2019.8.10 歌舞伎町シネシティ広場にて開催された、第1回歌舞伎町BON ODORI よりダイジェスト
八木節
ドンパン節
炭坑節
東京五輪音頭-2020-
ダンシング・ヒーロー

歌舞伎町BON ODORI
日時:2019/08/10(土) 
会場:歌舞伎町シネシティ広場
時間:開始:16:00 終了:21:00
備考:第1部盆踊りは18:30スタート、第2部は20時よりアフターパーティー
主催:歌舞伎町商店街振興組合

歌舞伎町に新しい「おまつり」の誕生です。令和元年8月10日、"第1回歌舞伎町 BON ODORI"が開催されました。

盆踊り自体は、例年、新宿区内各地で行われる大新宿区まつりの一環で開催される「歌舞伎町まつり」というイベントがあって、そこで新宿区民謡連盟の皆さんによる盆踊りはやっていたのですが、本来の「盆」の時期にはこの20年来、歌舞伎町では行っていませんでした。

観光地化が進む歌舞伎町で、観光客も入れるような盆踊り大会をやりたいという話を新宿プリンスホテル事業戦略部から話をもらったのが昨年暮れ、その話をホテルグレイスリー新宿と歌舞伎町商店街振興組合に話したところ快諾、そこで副理事長の杉山元茂氏を座長に実行委員会を立ち上げ、これが着地して今回の開催になったものです。

といっても、盆踊りとなると、やはり民謡連盟の皆さんにも協力いただけないと難しいだろうということで、この盆の時期、各地でひっぱりだこの新宿区民謡連盟のスケジュールとの調整から8月10日の開催となりました。副理事長の杉山氏と、商店街の若手理事の皆さんが中心に企画をまとめ、当初新宿プリンスホテルからの持ち込みから動き出したとはいえ、いつしか各自の思い入れで街のイベントとして産声を上げた、第1回歌舞伎町BON ODORIとなりました。16時よりキッチンカーや設営を終え、盆踊り自体は18時半より21時までの実施でした。

第1部は新宿区民謡連盟主体で定番の東京音頭、八木節、相馬盆唄、ドンパン節、炭坑節、東京五輪音頭2020、そして近年定番化して盛り上がるダンシングヒーロー、第2部は、商店街理事で自身もプロのDJの大阪家の柴本新吾氏がDJを務めて80年代洋楽を中心にディスコティックBONODORIをアフターパーティ的に開催しました。


シネシティ広場西面は旧ミラノ座の再開発がちょうど着工したばかりということもあって、夜空が抜けて見えて爽快な空間に気持ちよく音が響く中、世界中の人たちと街の人たちが垣根を越えてBONODORIを踊る、歌舞伎町らしい光景が繰り広げられました。天候や酷暑などの懸念もありましたが、無事開催ができたところで、最初の声掛け役となった新宿プリンスホテルも、商店街も、ぜひ来年も実施したいということでした。新宿では、いわゆる祭りとしての熊野神社例大祭(9月)、花園神社例大祭(5月)、鬼王神社例大祭(9月)、街ぐるみのイベントとしては新宿エイサーまつり(7月)などがありますが、そういった中に歌舞伎町BONODORIが、ちゃんと「盆」の時期に納める盆踊りとして、日本人の心の大事な部分も含めての、骨のしっかりした企画として育てていけたらいいのかなと思います。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

7月20日(木) 令和元年度 新宿繁華街犯罪組織排除協議会総会 開催 於:京王プラザホテル [まちづくり]


(第一部)総会

(第二部)基調講演

新宿繁華街犯罪組織排除協議会は平成14年より活動をはじめ、会設立は平成15年、活動自体は17年めとなる。

新宿警察署組織犯罪対策課の指導のもと、所轄内の新宿駅周辺繁華街から大久保地区までの各商店街振興組合、町会、企業グループ(宅建・ホテル旅館・遊技場・酒場・喫茶飲食・麻雀・質屋等各同業組合)、社交料理飲食業連合会などで構成。防犯協会、交通安全協会の各会長を顧問・相談役に、関係機関としては新宿区役所、(公)暴力団追放運動推進都民センターと新宿区役所、新宿区長と新宿警察署長は顧問、会長職は恒例で、歌舞伎町の“村長”(現在は歌舞伎町商店街振興組合理事長・片桐基次氏)がなる、という形をとっている。

会は会費収入で運営されており、総会では平成30年度事業報告・決算報告、令和元年度事業計画・予算案審議、犯罪組織排除功労者表彰では、歌舞伎町2丁目でホテル建設を施工、暴力団からの不当要求を断固拒否、また関連業者からも反社勢力を排除するために暴力団排除協議会を設置するなど行い、トラブルなくこの6月にホテル竣工を迎えさせた株式会社奥村組東日本支社が表彰を受けた。




第二部では、警視庁組織犯罪対策部第三課(暴力団排除第一係主任 村上誠警部補)より、この6月に都議会で可決、10月より施行される「東京都暴力団排除条例」の一部改正について基調講演が行われた。東京都暴力団排除条例は、平成23年10月に施行され、以降、「暴力団に資金を提供しない」、「暴力団と交際しない」等を基本理念に掲げ、都民生活や、事業活動からの暴力団の影響の排除を図ってきた。

条例施行後、都民や事業者における暴排気運の向上や条例違反の検挙等、一定の成果があったが、未だ、暴力団との関係遮断が図られていない事業者が少なからず存在、みかじめ料や用心棒料等、暴力団の資金源となっている実態がある。このような情勢を踏まえ、暴力団排除を一層徹底、都民及び事業者の平穏な生活の確保と繁華街における良好な環境の醸成のため、条例の一部を改正した。条例では、新宿2~5丁目や歌舞伎町、大久保などを含め都内主要な繁華街29の地域を「暴力団排除特別強化地域」と定め、同地域においては、特定の事業者と暴力団員との間で、用心棒料等の利益の授受等を禁止する措置を追加した。

本改正条例は、令和元年10月1日から施行される。



nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:地域
前の10件 | -